WEB動画・DVD・音声DLで徹底比較

WEB・DVD・音声DLで徹底比較【公務員予備校・通信講座】

最近、注目されている公務員予備校のWEB動画・音声DL(ダウンロード)、DVD・スマホについて紹介します。

 

公務員試験を受験すると決めればまず最初に多くの受験生が行うのが公務員の予備校選びです。資料やパンフレット請求・・・さらには「公務員予備校ランキング」、「公務員予備校評判・口コミ」サイトなどを活用して、自分の理想に近い学習環境を提供しているスクールを比較するのが予備校選びの王道になっています。自分の納得する公務員試験予備校が決まれば。次にすることはコース選びと受講メディア選びです。

 

大手公務員塾になるとコースの種類も豊富で例えば地方上級・国家一般職など受験生が非常に多い試験区分になる10個以上の講座から選ぶことになります。大学1・2年生向けの2~3年間掛けてじっくり勉強するタイプや大学3・4年生向けの速修タイプなどいろいろですね。通信講座のコースを決めた後に肝心になるのが受講メディア選びです。今回はWEB動画・音声DL(ダウンロード)・DVD教材について解説しますね。

 

TAC・LEC・大原の通信教材のレベルが高い

 

通信教材のレベルの高さで考えるとTAC・LEC・大原は非常におすすめです。レベルの高い教材を提供してくれるので、自宅に居ながら本格的な講義を受けることができます。

 

TAC・LEC・大原の受講メディアはそれほど差はありませんが、資料請求で比較してみるといいでしょう。

 

TACの公務員通信メディア

 

教室講座+WEBフォロー、教室+DVD通信講座、WEB+DL通信講座、DVD通信講座、資料通信講座・・・通学+通信で受講することができるのもTACの魅力ですね。通学の良さと通信の良さを最大限に活かしている受講スタイルです。

 

LECの公務員通信メディア

 

通学でWEB・音声DL・DVDなどのフォローが付いているのが特徴的です。TACと形式が似ています。通信ではWEB動画・音声DLタイプ、DVDタイプに分かれ、追加フォローとしてスマートフォン、WEBブースがあります。

 

資格の大原の公務員通信メディア

 

WEB+音声ダウンロード通信、DVD通信・・・通学+WEB・音声ダウンロードフォローなど有料システムもあります。

 

結局WEB動画・音声DL・DVDどれがいいの?比較してみました!

 

単刀直入に言えばWEB動画+音声DLがおすすめ。DVDとWEB動画で悩む方も多いと思いますが、講義内容はほとんど一緒のケースが多いです。それにも関わらずDVDタイプの方が値段・価格が高いのは予備校が在庫を抱えなければいけないためです。WEB動画や音声DLは在庫が必要ないので公務員予備校からすればコストがあまり掛からないのです。費用を比較すればWEB動画がお得感があります。

 

但し、WEB動画には欠点があります。一定基準のWEB環境が無いとまず閲覧することが出来ません。そのため申込前に利用できるか確認する必要があります。さらには通信速度の関係によっては途中で停止してしまう可能性も考えられます。それに比較してDVDの場合はそのような動作の不具合のリスクは低いと考えられます。安定感で比較すればDVDの方が魅力的だと言えるでしょう。個人的な分析ではWEB動画の方がDVDを持ち歩く必要が無いので楽だし、比較的安いのでおすすめしていますが、一度資料請求で各予備校の教材を比較して選ぶことをおすすめします。